生漢煎の効果はいつから出てくるの?1ヶ月飲み続けた正直な感想言います!

Pocket

あい今ではダイエットとしてサプリメントを使用する時代は当たり前になってきていますが、『生漢煎』といった防風通聖散の漢方でも内脂肪を燃やして体重を落とすというダイエットもここ最近人気を集めています。

サプリメントとの決定的な違いは、生漢煎は第2類医薬品なので高い効果が求められます。

『生漢煎』の効果としては、ぽっこりお腹の内脂肪を燃焼してくれたり、便秘の解消、むくみの解消なんかにも効果があります。

私がこの生漢煎を初めたがきっかけは、産後のポッコリお腹をどうしても減らしたくて1ヶ月飲み続けてきました。

その結果、今のところ体重が1kg減ってぽっこりお腹が少し気にならなくなってきかなという感じです。

もともと快便の方ですが、飲み始めは少しゆるい便になっていたように思いますが、今では良い便がスムーズに一日2回とかになっています。

体重の減り自体は即効性があるわけではないと思いますが(個人差あり)、効果はあると思います^^

 

今回はダイエットに効果がある、生漢煎の効果はいつから出てくるのか、もっと効果を出すにはどうしたらいいかなども書いていくので、気になる方はぜひ読んでみてください。

 

\ポッコリお腹、便秘を解消してくれる生漢煎/

 

 

 

生漢煎の効果はいつから出るの?

さっそく気になるのは、生漢煎を飲むといつから効果が出てくるのかという事ですよね。

序章でも書きましたが、私の場合は飲んで1ヶ月経ちますが初めの2週間ほどは緩い便が出る印象で体重も今までと同じ体型をキープしていましたが、3週間目あたりから良い状態の便がスムーズに出るようになり、一日2回出る日もあります。

そうして、1ヶ月後に1kg減った体重がキープされている感じです。

私の体感ですぐに効果が出るイメージではありませんが、飲んでいると体重が増えることは無く、キープできる状態が続いてやっと1kg減るって感じです。

しかしこれには個人差があるので、いろんな方のコメントを見ていきたいと思います^^

 

SNSでの口コミ

 

生漢煎の悪い口コミ

上の方のように、飲んですぐ下痢になるという方は少し体に合っていない可能性もあります。

調べてみたら、胃や腸が弱い人は下痢になりやすいのだとか。

その場合は無理に飲み続けるのは控えたほうが良いでしょう。

 

生漢煎の良い口コミ

 

体重の効果が先に出るより、お肌の調子が良くなったり、便秘やむくみの方にまずは先に変化がきそうですね。

ただ上の方が言っているように、6ヶ月飲んで6キロ減ったということは即効性は少ないみたいですが確実に減るということがわかりますね。

私も同じで1ヶ月にしてやっと1キロ減っています。

地道な道のりかもしれませんが、効果は出るということがわかるかと思います。

 

生漢煎の効果をさらに出すにはどうすればいいの?

上で書いたように、毎日飲んでいるからと言って効果が早く出るわけでもなく、時間はかかりますが確実に減っています。

しかし漢方を飲んでいる人の中には全く痩せなかったという声も実はあるんです。

そういった人はこういうタイプが多いです👇

 

生漢煎の効果がでなかった人

・一日3回飲めていない

・漢方薬を頼りにして結局食べすぎている

・運動をしていない

だいたい痩せれていない人はこんな感じかなと思います。

ではどうしたら漢方以外にプラスαをすれば良いのか。。。。

 

それは

 

一日3回食前に飲む

当たり前なんですが、一日3回きっちり飲むことです。

※確かに出先とかで飲み忘れることあるあるですが^^;

特に食前または空腹時の時が一番吸収率が高くて、効果があると言われています。

それを忘れてしまうと効果が減ってしまいますので、飲む限りは一日3回食前(または空腹時)に飲みましょう。

 

漢方薬を頼りにして結局食べすぎている

私もそうだったんですが、生漢煎を飲んでるから「大丈夫!」とか思っていたのでいつもと同じように食べたり、少し間食したりしていましたがなかなか落ちず、飲み始めた体重と変わらずにいてました。

しかし、調べていくうちに生漢煎を飲んでいても食事はセーブした方がいいとの事でした。

例えば夜は炭水化物を抜き(または少なくし)、低カロリー高タンパク質のものを食べる等いろいろ工夫するとより効果が出てくるのではないでしょうか。

 

運動をしていない

運動というと少したいそうに聞こえますが、例えばストレッチや美しい姿勢を正すとかです。

私は生漢煎の定期コースを購入しているので、初回の生漢煎と一緒に「大人のダイエットメソッド」という軽い運動ができる方法を紹介している紙が付いていました。

それがこちらです👇

こういったストレッチや、正しい姿勢でウォーキングするだけでも変わってきそうですよね。

 

ということで、生漢煎だけに頼らず食事を見直したり、軽い運動なども取り入れてみましょう。

 

生漢煎を飲む前に注意しなければならないことは?

生漢煎は漢方薬なので医薬品です。

なので飲む前に【してはいけないこと】【相談すること】を知っておきましょう。

 

【してはいけないこと】

・生漢煎を服用している間は、他の下剤を服用しない。

・授乳中の方は生漢煎を服用しないか、服用するのであれば授乳を避けること。

 

【相談すること】

・医師の治療を受けている人

・妊娠又は妊娠していると思われる人

・体の虚弱な人

・胃腸が弱く下痢をしやすい人

・発汗傾向の著しい人

・高齢者

・今まで薬などに寄って発疹・発赤、かゆみなどを起こしたことがある人

・むくみ、排尿困難

・高血圧・心臓病・腎臓病・甲状腺機能障害

(参考元:生漢煎パッケージ裏)

 

上記に当てはまる人は飲むのを控えるか、医者に相談してみてください。

 

生漢煎の効果はいつから出てくるの?1ヶ月飲み続けた正直な感想言います!のまとめ

今回は生漢煎の効果がいつから出てくるのか、また、より効果を出すにはどうしたら良いのかをまとめてみました。

生漢煎は基本的に肥満症・便秘・むくみの悩みに抱えている人向けの漢方薬ですが、ダイエットを目的に購入している人も多いです。

むくみや便秘は飲み始めて早めに効果が現れますが、体重がすぐに落ちるわけではありません。

しかし、きちんと毎日食前や食間に3回飲んでいて、尚且、ストレッチや食事の見直しをして低カロリーの食事をとっていると確実に体重が落ちていきますという話です。

結局はダイエット目的に使う場合は、これだけで絶対に痩せるというのはなく、プラスαの運動、食事コントールが必要になってくるわけです。

ただツイートを見ていると、きちんと人でいれば着実に痩せている人は多いですよ!

 

\生漢煎で体重を落としてみませんか?/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日 1988年8月20日 出身 大阪  現在は静岡県の御殿場市に、旦那と息子と3人暮らし。 趣味は、料理・旅行・グルメ巡り・ブログ作成。 好きな食べ物は、お寿司・パスタ・魚の煮つけ。 更新は遅いですが、宜しくお願いします。