静岡のお土産で有名なうなぎパイ♪浜松市にあるうなぎパイファクトリーに親子で工場見学に行ってみた(写真27枚で解説)

Pocket

静岡土産で有名なお菓子と言えば、うなぎパイですよね^^

特に春華堂のうなぎパイは有名な銘菓だと思います♪

その春華堂の工場(うなぎパイファクトリー)が浜松市にあり、家族で行ってきました☆

工場の中の様子がわかるようになっていて、うなぎパイ一つ一つ丁寧に作られている工程が見れて子供も楽しめるスポット!

ファクトリーの中には2015年にリニューアルされたカフェで、斬新なパフェを食べる事もできるんですよ〜♪

工場の様子を写真27枚で解説していきます!

 

うなぎパイファクトリーのアクセスと駐車場

住所は静岡県浜松市西区大久保町748ー51です。

駐車場もなかなか広くて

平日にもかかわらず、沢山の方たちが来ていました☆

名称 うなぎパイファクトリーツアー
住所 静岡県浜松市西区大久保町748ー51
開館時間

9:30〜17:30(うなぎパイカフェオーダーストップ17:00)

※7・8月は18:00まで営業(特別営業)

駐車場 無料
休館 365日営業

 

うなぎパイファクトリーのエントランスではウナちゃんがお出迎え♪

駐車場から少し進むと、大きなうなぎパイがトラックの中に入っていました!!

さらにエントランスに向かって進んでいくと、イメージキャラクターの「うなちゃん」が皆さんを迎えてくれます☆

うなちゃんは工場内のいたるところに出現し、私達と一緒に案内してくれますよ♪

またちょっとしたテラスがあったり

「うなくん号」というバスみたいな売店もありました。

(この時は営業していない感じでした)

メニューの中に「うなぎパイジェラート」というのがありますが、すごーく気になりますね(笑)

このカフェは移動式らしく、2012年の8月1日(パイの日)にできたみたいです!

うなくんのプロフィール 誕生日 8月1日 出身 浜松 趣味 うなぎのじゅもん体操を踊ること 性格 いたずら好き 口癖 うなぎパイは「手作り」がいのち 相棒 うな左もん

 

うなぎパイファクトリーの工場見学をしよう!

エントランスに入ると受付をします!

うなぎパイファクトリーの見学方法は3通りあって、「自由見学」「ファクトリーツアー」「スマイルツアー」があります。

「ファクトリーツアー」と「スマイルツアー」は事前予約が必要になるのですが、私達は今回「自由見学」にしました!

自由見学
時間 9時30分〜17時30分 ※16時30分でうなぎパイの生産が終了する場合有り ※ツアー予約のお客様貸し切りによってシアターを見れない場合有り 入場料 無料(工場見学記念品が貰えます) 駐車場 あり(無料) 営業日 不定休
ファクトリーツアー
時間 ・10時〜16時 ・定員50名 ・要予約 入場料 無料(工場見学記念品が貰えます) 駐車場 あり(無料) 営業日 不定休 電話番号 053ー482ー1765
スマイルツアー
日時 毎週土曜日開催(10:00/15:00 スタート)※所要時間 約40分 定員 30名 入場料 無料 駐車場 あり(無料) 営業日 不定休 電話番号 053ー482ー1765

さぁ〜!見学するぞー!!

最初は「仕組みの工程」と書かれてあるパネルで、うなぎパイが作られる工程の説明が書いてありました。

パネルで書かれてある部分は、残念ながら実際に目で見ることはできません。

しかし、うなぎパイの生地は人の手でちゃんと作られているんですよ〜♪

パネルの次に小窓がいくつかあり、細い棒状のうなぎパイがこれから焼かれていくところから、少しずつパイが大きくなってこんがり焼かれていく過程を見ることができます☆

それがこちら!!⇓

(↑これから焼かれていきます)

 

(↑ちょっと焼かれてパイが少し大きくなっているのがわかりますか??)

 

(↑これは何をしているところなのかわかりませんでしが、ハケみたいな機械でうなぎパイをなぞってますね)

 

(↑そしてここから検品作業に入っていきます)

1階のフロアはこんな感じで、次にエレベーターで2階に上がって上から下の工場の様子が見れます☆

 

2階に上がると、「うなぎパイができるまで」という構造図がありました。

2階に上がると、「うなぎパイができるまで」という構造図がありました。

このような過程を経て、うなぎパイが世に出されているんだなぁ〜ということがとてもわかります!

 

そしてガラス張りになっている下を覗き込むと・・・・。

一つ一つのうなぎパイがシュンシュン流れていたり、検品作業をしている人達がいてたり、息子も物珍しいようでずっと見ていました(笑)

 

動画がこちら⇓

(少し雑音が入っているのでご了承ください)

 

そしてガラス張りの所から、次はミニシアターに移ります♪

 

ここでは、実際に目で見ることができなかったうなぎパイ生地作りの様子が、映像で流れています。

 

うなぎパイの生地は、その日の温度や湿度によって作り方が変わってくるみたいなんです(・_・;)

また生地は人の手によって作られているので、ベテランの職人さんしかできないことなんです!!

凄いですよね〜。

(管理人は全て機会がしていると思っていました^^;)

 

さぁミニシアターを出ると、こんなトンネルが!

ここではうなぎパイにまつわる質問コーナーになっていました♪

質問については、次の章で紹介しますね!!

 

トンネルの中はうなぎパイの質問コーナー!うなぎパイは夜のお菓子?!

トンネルの中には、うなぎパイに関するQ&Aが紹介されていました!

まずひとつ目!

うなぎパイの形は、角に丸みがあって長い棒状のようなものですよね??

あれ以外の形ってあったのでしょうか??

正解は。。。。

串に刺してうなぎの蒲焼に似せたものや、右の形はどういう訳でこのような形の試作品が出たのかわかりませんが、沢山試作品はあったみたいですね♪

 

二つ目!!

うなぎパイの味って、主に甘い砂糖がかかっているイメージしかなかく、最近ははちみつとピクルスが入っているうなぎパイも出ています!

ただそれだけではないみたいです!!

正解は。。。

なんとガーリックが入っているんです(*^_^*)

ごく少量なので食べてもガーリック感はわかりません!

でもガーリックが入っているから、味に深みが出るんですね〜^^

 

最後の3つ目!!

この「夜のお菓子」という言葉自体知りませんでした笑

でもよく見たら、小包装の表に「夜のお菓子」と書いてあります笑

でも夜に食べるお菓子ということは、なんとなく食後のおやつという印象になりますよね!!

正解は。。。

ちょっと字が切れていてすみません(^_^;)

なんでも家族団らんで食べると、美味しく感じますよね☆

 

 
 
 

うなぎパイカフェのメニュー

トンネルを抜けるとそこで見学は終了になります♪

でもこの工場になんと「うなぎパイカフェ」がありました!

 

 

とてもきれいな空間で、入りたかったのですがその前にガッツリランチをしてしまったので、とても残念です><

こんのうなぎパイカフェは、2015年7月25日にリニューアルオープンされていたみたいで、だからきれいだったんですね☆

うなぎパイファクトリー10週年のときは、期間限定で東京の銀座にオープンし約5万人が訪問したみたいですよ!!

 

気になるメニューがこちら⇓

 

パイカフェだけあって、うなぎパイは外せないんでしょうね!

皆さんもうなぎパイファクトリーにきたら、是非うなぎパイカフェに立ち寄ってくださいね☆

うなぎパイファクトリー工場のまとめ

今回の「うなぎパイファクトリー」についての記事はいかがだったでしょうか??

うなぎパイの生地が、人の手によって作られているのは驚きでしたね!

あと隠し味にガーリックが入っているのも知らなかったので、そこにも驚きでした^^

まだうなぎパイを食べたことがない人は是非食べてみてください!

うなぎパイのランクには種類があって、一つはノーマルなものと、もう一つは「うなぎパイV.S.O.P」というものです。

もちろんVSOPの方が値段は高くて、ブランデーの香りつきみたいです!

さらにマカデミアナッツも入っているようです☆

気になる方はそちらも食べ比べてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日 1988年8月20日 出身 大阪  現在は静岡県の御殿場市に、旦那と息子と3人暮らし。 趣味は、料理・旅行・グルメ巡り・ブログ作成。 好きな食べ物は、お寿司・パスタ・魚の煮つけ。 更新は遅いですが、宜しくお願いします。