質の高いユーザーが集まるテーマを扱おう!Googleアドセンス「マネタイズの教科書」①

Googleアドセンス「マネタイズの教科書」
Pocket

こんにちは!

最近手に入れた話題の書「Googleアドセンス―マネタイズの教科書―」を読みました!

ブログのマネタイズは、ブログ運営者ならだれでも気になりますよね?

今回の記事では「Googleアドセンス―マネタイズの教科書―」で、個人的に参考になった部分をご紹介します!

今回の記事は「質の高いユーザーが集まるテーマを扱う」ことについてお話します!

Googleアドセンス―マネタイズの教科書―とは?

Googleアドセンス向けのブログ運営について書かれている本です。

「アドセンス向けのブログ」と言うのは、安定したアクセスを集め、より広告をクリックしてくれる質の高いユーザーを集めるテーマを扱ったブログのことを言います。

流行に乗ったテーマを使うのではなく、10年後や何十年か後でも廃れないテーマを扱うと、安定したアクセスを集めることができます。

アクセスが安定すれば、Googleアドセンスの収益も安定します。

アドセンス向けのブログは「記事の質」が問われる!

さらに今の時代は「記事の質」が問われます。

以前は「ブログ100記事書こう!」「1日5記事更新しよう!」など、量をたくさんこなせば結果が出ていましたが、Googleのサイトの評価が変わり、記事の質が求められています。

質の低い記事は、検索順位を下げられるのです!

よって今までのやり方では、稼げないくなっています。

アドセンス向けのテーマ(内容)選びとは

アドセンスのサイトは、テーマ選びで9割決まると言うことです!

なぜかと言うと、テーマによってアクセスの集まり方が違うので、流行廃りのない安定したアクセスを保つ必要があります。

流行りに左右されないテーマなら、安定したアクセスを得ることができるのです

安定したテーマとは、具体的に言うと「映画の評論」や「ホテルのラウンジ紹介」など!さらには「将棋」や「囲碁」などの解説ですね。

逆に安定しないテーマは、「流行のカフェ」や「スマホのゲーム」などです。

一過性の話題だと、流行りが廃れればアクセス数は下がります。

アドセンスをクリックしてくれる「ユーザー層」とは

さらに言うと、アドセンスをクリックしやすいユーザ層が集まるテーマを選ぶと、より効果的に収益を上げることができます!

例えば、パソコンで情報を調べる人は、ある程度時間がある人です。よってアドセンス向きのユーザ層といえます。

逆にスマホでサイトを見る人は、時間がない忙しい人だったりするので、あまりアドセンスの収益が高くなりづらくなります。

パソコンでゆっくり調べ物をする=質の高いアクセスが獲得できるテーマ選びが重要になってきます。

まとめ:質の高いユーザーが集まるテーマを扱おう!

ここまでで、Googleアドセンスをクリックしてくれる質の高いテーマを扱おう!というお話をしました。

  • 日本のお城
  • 空港ラウンジ
  • 長年愛されるボードゲーム

上記のような、長期的に需要があるテーマで、なおかつユーザーがパソコンを使ってゆっくり閲覧するテーマが、アドセンスに向いたテーマと言うことです!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

▼次の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日 1988年8月20日 出身 大阪  現在は静岡県の御殿場市に、旦那と息子と3人暮らし。 趣味は、料理・旅行・グルメ巡り・ブログ作成。 好きな食べ物は、お寿司・パスタ・魚の煮つけ。 更新は遅いですが、宜しくお願いします。