【御殿場時之栖】水中楽園にクーポンてあるの?100円OFFで少しでもお得に入ろう!

Pocket

御殿場の時之栖の中にある「水中楽園」には200種類もの金魚がいて、館内には4,500匹の金魚が展示されていて、日本最大級の金魚水族館となっています。

確かに実際行ってみたら沢山の種類の金魚たちがいて、光のコラボと共に一つのアートとなっていてきれいでした。

御殿場時之栖に来た際は、一度は寄って欲しい場所となっていますが、館内は小さいのに料金が大人1100円小学生550円と少し高め(特に大人の方)。

レジャー施設の中にあるので仕方がないのかなとは思いますが、少しでも安く行けるに越したことはないですよね。

アソビューサイトから購入すると100円引きになって、少しお得になります!

もし「水中楽園」に行く場合は、アソビューサイトからチケットを購入することをおすすめします。

また、時之栖宿泊者の方は入場料が半額になる半額券がプレゼントさせるので、是非宿泊される場合は入館してみてくださいね。

 

\アソビューから「水中楽園」のチケットを買おう!/

アソビューから少しでもお安く遊ぼう!  

\時之栖の宿泊を考えているなら、じゃらんで行こう!/

【じゃらん】公式サイト  

【御殿場時之栖】水中楽園にクーポンはあるの?

御殿場時之栖にある水中楽園のクーポンがあるのは、アソビューサイトからの購入のみになります。

通常だと、大人1100円小学生550円のところ

大人1000円、小学生500円になります

時之栖では毎年イルミネーションが開催せれます。

イルミネーションの方がもちろん大人気ですが、有料イルミネーションではない所は意外と短いので是非その後にでも「水中楽園」を利用してみてください。

宿泊者の方は水中楽園の半額券がプレゼントされますよ。

 

御殿場時之栖の水中楽園てどうやって行くの?

御殿場時之栖は、御殿場にあるリゾート施設となっています^^

その中に「水中楽園」がありますが、施設の奥に位置しているので写真で説明していきます。

駐車場で車を停めると、こんな大きな太鼓橋があります!

 

その横には大きな鷲なのか鷹なのかよく分からないモニュメントが!!笑

でもこれ、面白いことに、私達が動くと鳥の首も動いているように見えて、ずっと見てくるんですよ〜(;´Д`)

 

この時は夏だったので、涼風ロードというイベントが行われており、施設内の至る所に風鈴を吊り下げて涼しい音色を聞きながら、道を歩くことができます♪

見てるだけでも、涼しくなりますよね♡

 

この通路は冬になる無料のイルミネーションが施され、毎年沢山の人で賑わいます👇

 

水中楽園はこの道を真っすぐ行ったところにあります。

水中楽園へGO!

今回の目的水中楽園に向かう途中には看板があるのでわかりやすいです♪

矢印の方向に歩いていく途中も涼風ロードは続いているので、涼しく感じられました。

 

そして、水中楽園がすぐ見えてきます⇓

 

 

 

水中楽園にはたくさんの金魚が展示

順路に従って入っていいくと。。。

 

とても幻想的なお部屋に入ってきました!

 

一つ一つの水槽に金魚が泳いでいて、金魚やお部屋の装飾加減が和調で落ち着いた感じになっています。

 

 

コメットを見ると、昔家で飼っていたのを思い出します。

 

一番印象的だったのはこちら⇓

これは、鰭長鯉(ひれながこい)という鯉なんですが、こんなにヒレががながくて綺麗な色をした鯉を見るのは初めてでした。

 

水中楽園ではなかなか見ることができない金魚の赤ちゃんも展示

なんと、金魚の赤ちゃんも展示されていました〜☆

 

近くで見ると、金魚の赤ちゃんはこんな感じ⇓

金魚の赤ちゃんと言うので、小さいのかなと思って見ていると、そんなに赤ちゃん感がありませんでした^^;

 

水中楽園の三大天然記念物紹介

時之栖の水中楽園でしか見れない、三大天然記念物を紹介したいと思います☆

 

その壱

地金

愛知県で「天然記念物」に指定されています。

尾びれが突然変異によって2つに分かれているのが特徴的。

大体の地金は体の色が退職し始めると、人工的に鱗を剥がして調色をしますが、これは自然のままに出ている色です。

 

その弐

土佐金

残念ながら、水槽がリセット作業中のため不在です><

 

その参

出雲南京

島根県の天然記念物で、出雲地方のみで飼育されてきました。

とても希薄な種類だからなのか、神棚が飾られていて神秘的な印象を抱きました☆

見ていて侘び寂びが感じられ、上品さも兼ね揃えています。

 

水中楽園では読書ができる空間もあります

水中楽園のラストの部屋は森の詩人館。

椅子やソファーがあり、さらに金魚を見ながら、ゆっくり読書をすることも出来ます。

子供の絵本も何冊かあり、落ち着いた空間になっていました。

周りが緑色だし、柱が木のようになっているので、本当に森の中にいる空間です^^

ここが意外とヒットする人もいて、水族館なのに本もあってゆっくり出来るということで評価が高くなっています。

時之栖水中楽園ニジマスと金魚の釣り堀が登場〜☆

(引用元:御殿場時之栖HPより)

今回水中楽園に行ったのは7月だったのでオープンしていなかったのですが、8月1日より、ニジマスと金魚の釣り堀ができるスペースが出来たみたいです☆

オープン記念として、釣り上げた金魚は3匹までならプレゼントしてくれるみたいですよ!!

料金

一般700円(竿・エサ・マス1匹)

宿泊者500円(竿・エサ・マス1匹)

追加1匹毎に500円(マス1匹)

営業時間

9時から18時(最終受付17時)

※季節変動有り

※雨天時は営業無

受付 アクアリウム フロント
備考 小学生以下は保護者の方と同伴でお願いします

 

水中楽園の基本情報

 

 

日程 常設
料金

大人(中学生以上)→1000円

小学生→300円

場所 時之栖美術館
営業時間 9時〜19時
その他イベント

金魚の色つけ→親子ペア800円

金魚すくい→1回300円 2回500円

紙アクアリウム→1枚200円 2枚300円

 

まとめ

今回の御殿場高原時之栖水中楽園はいかがでしたか?

やはり金魚とか見ると自然と気持ちが癒やされます^^

ここにいる金魚は約200種類の金魚を全国から集められていて、4500匹もいてるみたいです!

そんなに沢山の金魚が集まっている様子は、他の水族館では見れませんよね?

是非、御殿場時之栖「水中楽園」へ遊びに来てください♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日 1988年8月20日 出身 大阪  現在は静岡県の御殿場市に、旦那と息子と3人暮らし。 趣味は、料理・旅行・グルメ巡り・ブログ作成。 好きな食べ物は、お寿司・パスタ・魚の煮つけ。 更新は遅いですが、宜しくお願いします。